Blue Noise

なんでもない日々をつづります。
これからもずっとレディゴー!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

デスティニー大千秋楽

デスティニー名古屋での大千秋楽、おめでとうございます。
足を運んでよかった。
溢れんばかりの熱がこもっていながらも、一つずつ、大事に、大事に重ねられて行くシーン。
とても胸が熱くなりました。
そんな中でもアドリブは大サービス(笑)
各々がそのキャラの中で存分に遊んでくれるから、ダレることも冷めることもなく、それもまたあのカンパニーの魅力ですね。

OPの演出。
劇中の歌声。
洗練された舞台効果。
そして役者。
全てが絶妙で。

その中で生きたアランを馬場くんで見られたことが、とても幸せでした。

何もかも盛りだくさんでとても今日の公演の出来事を追いきれないのだけど(笑)
カーテンコールでの晴れ晴れとした表情が見られて大変満足。
かわいいひとだなぁ。ふふん(* ̄ー ̄*)
なんだかとても可愛かった。
まぁ、終始あっ君に可愛がられていたのもありますが(笑)

あっ君が本当に、最近拝見している若手俳優を、気に掛けて、背中をボンボン押してくれていて、とても微笑ましかったです。
とても嬉しかった♪
とても不思議で、素敵な関係性が生まれて、この後も太く長く続いて行ったらいいなぁと思いました。

デスティニー。
正直、アランを見届けることはとても辛い。
でも今日は、キャストの言葉一つ一つに説得力があって、すとんと、全部納得できた最後でした。

最後まで大きな怪我もなくて良かったです。
カンパニーの皆様、本当にお疲れ様でした!
馬場くん | 20:20 | comments(0) | - | さやか

スポンサーサイト

- | 20:20 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









<< デスティニー初日! | TOP | なんてったって午年。 >>
DRECOM RSS
Blog People
あわせて読みたい